>

AI家電がもたらす日常生活の変化

AI家電を使うと生活に余裕ができる

AI家電は日々学習し、自分で判断することができる家電です。
これまで、持ち主が逐一操作することで稼働していたものが、その日の気温や湿度を感知して室温調整したり、汚れを察知して重点的に掃除してくれたりと、自分で判断して動いてくれるのです。
これまで操作に取られていた時間を削減できますから、家事の負担が減り、時間に余裕ができます。
さらに、無人になったら自動的に電気を消したり、満水になったら自動的に水を止めたり、省エネや節水につながることで、コストの削減も期待できたりもするんです。
こうして、時間だけでなく、気持ち的にも、経済的にも余裕を持つことができるようになり、子育てや家族サービスに時間やお金を費やすことが可能になります。

究極?スマートホームとは

戦後家電の三種の神器といわれていたのが、白黒テレビ、冷蔵庫、洗濯機でした。
令和の三種の神器をご存じですか?
4K/8Kテレビ、冷蔵庫、ロボット掃除機だそうです。
「豊かさ、憧れの象徴」として使われてきた三種の神器はこのように変化してきたようです。
ロボット掃除機が登場しているところが、家電の進化を象徴しているようですね。
お家の中でテレビやエアコン、給湯器や照明器具などの家電がAIアシスタント機能を持つ制御デバイスと接続されていて、音声によるコマンドで複数の機器をまとめて制御することができる住宅をスマートホームと呼びます。
声で指示するだけで思い通りに動いてくれるわけですから、一度経験するとそれなしでは生活できないほど快適な空間になることでしょう。
マンガや小説の中の事だと思っていた未来の生活がもう現実のものになっているんです。


この記事をシェアする