家電にAIで日常生活がどう変わる

AI家電で日々の生活はどうなる?

AIとIoTはどう違うのか

スマートフォンに向かって「OK〇〇!音楽をかけて」とお願いすれば、スマホに保存された楽曲を流してくれる。 もっとも有名なAI機能の一つですね。 このようなAI機能がエアコンやテレビ、電子レンジなどに搭載されていたら、どんなことをしてくれるのでしょう。

AI機能で人間の欲求を超える家電

家電はどんどん進化しています。 実は、1960年代に登場した「マイコン炊飯器」、実は小さなコンピューターが搭載されていたんです。 学習はしませんが、ボタンを押せば自動的に、おいしく炊き上がる炊飯器は、それまで火加減を調節しながら炊いていた事から比べると、未来の炊飯器だったんですね。

AI家電がもたらす日常生活の変化

持ち主の生活パターンを日々学習し、使えば使うほど便利に進化していくAI家電。 AI家電がある生活は、これまでの生活に比べ、一生涯というスパンで見るとおよそ9000時間を節約できるという試算があるくらいです。 AI家電は私たちの生活をどのように変えてくれるのでしょう。

AI家電にも2種類ある

家電における最先端技術といえば「AI」。
同様に便利な家電として定着しつつあるのが「IoT家電」です。
どちらも家電をさらに便利にしてくれる最新技術ということはわかりますが、2つの間にどのような違いがあるのでしょうか。
「IoT]とは「Internet of Things」の頭文字をとったもので、モノのインターネット、つまり、インターネットに常時接続されているものを指します。
「IoT家電」であれば、「インターネットに接続されている家電」ということです。
スマートフォンやタブレットなど、ネットに接続することができるデバイスから、家にある家電を遠隔操作できるのが最大の特徴です。
帰宅前に家のエアコンを稼働させたり、ネットからレシピをダウンロードして調理できたりするオーブンレンジなどがあります。
「AI」は「Artificial(人工的な)」、「intelligence(知能)」の頭文字です。
「知能」なので「学習」することで論理的にものを考え、問題解決できる、という特徴があります。
人工的に作り出した賢いシステムということです。
ただ、インターネットにつながっていて、指示を待って、その指示通りに動く、ということだけでではないのです。
日々、持ち主の生活パターンなどを「学習」し、自分で「判断」し、的確な「行動」をしてくれる優れものなんですね。
この「AI」が搭載され、今までとは比べ物にならないほど家電は進化しているんです。
「AI家電」が作り出す近未来的日常生活について、見ていきます。

おすすめリンク

渡辺政彦の研究結果

渡辺政彦が研究している自動運転はレベル3が実用可能となっています。今後の展望と可能性を明かします!